えんどうまめblog

豌豆豆のツルのように、曲がりくねりな人生の記録を綴っていきます。

好きな合唱曲10選!

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

 

こんにちは!ヨウです

 

年齢を重ねるにつれ、無性に合唱曲を聴きたくなることが多くなりました。

中学や高校、社会人なってしばらくは合唱曲なんてダサいと思っていましたが、J-POPにはない爽やかさや心が洗われるような清々しさが、疲れた心に染み入るようで最近はよく聴いています。

 

そこで今回は、ヨウ的に特に好きな合唱曲を10曲選んでみました!

 

10曲に絞るの難しかった~(◎_◎;)

 

 

怪獣のバラード

怪獣のバラードは1972年に作られた曲です。

意外と古い曲だったことにびっくりです。

 

怪獣のバラードの中でヨウが特にグッとくるのは

 

~海が見たい 人を愛したい 怪獣にも心はあるのさ~

~自分の足跡に 両手を振りながら 東へ歩いたよ あさひるよるまでも~

 

の部分。

イントロのピアノが軽快で明るめの曲調ですが、その歌詞の内容は結構胸が締め付けられるような、ちょっと涙がじわっとくるものがあります。

 

怪獣のバラードはヨウが中学2年生の時に合唱コンクールで歌った曲で、とても思い出深くて一番好きな曲です。

 

今となっては一番好きですが、当時はこの曲を知らなくて

「え、なにこの曲?合唱曲って感じじゃなくない?」

と思ったことを覚えています。

 

銀色の道

銀色の道は、母がたまに口ずさんでいたのを自然と覚えたような気がします。

なんとなく渋い曲だなぁと思いつつも、独特のリズムが頭に残りいつからか私も口ずさむようになりました。

特に"ぎ~ん~い~ろ~の"のあとに一瞬ふっと音が消えて"は~るか~なみ~ち~"と入る部分と、2番から3番に入る時に半音上がるところが好きです♪

 

銀色の道は3分にも満たない短い曲ですが、独特のリズムと歌詞の力強さで一度聴くと忘れられない曲ですね~。

 

気球に乗ってどこまでも

気球に乗ってどこまでもは小学生の時にクラスで歌った曲だった気がします。

この曲のイントロがとにかく好きで、自分でオルガン(ピアノじゃない)で弾いてました。

歌っているだけで大空を駆け抜けていくような感覚になれる、開放感のある歌詞が大好きでした。

あと、一番の最後の「い~る~か~ランランラ ランランランラン ランランランラン♪」

を手拍子しながら歌うのが楽しかった♪

 

モルダウ

初めてモルダウを聴いた時は、「なんて大人っぽい曲なんだろう」と思いました。

その曲名のごとく流れるようなピアノで奏でる河の凪や波だった表現は、当時中学生だった私には衝撃でした。

この曲を弾ける同級生もスゴイですよね・・

 

旅立ちの日に

ヨウはこの曲が出来た1991年当時高校3年生でしたが、この曲自体も1991年の卒業シーズンに出来たものだったため、リアルタイムで知ることはできませんでした。

 

“旅立ちの日に”は、埼玉県のとある中学校の校長が当時荒れていた学校を明るくすることを目指すため、校長自身が作詞を、音楽の教諭が作曲したそうです。

プロではなく現職の先生方によって作られたことに驚きましたが、生徒のことを想いながら作っている姿を想像しながら聴くと、胸にこみあげるものがあります。

 

あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~

あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~は、正直知ったのはつい最近のため曲に対する思い出はないのですが、“愛と~涙~”からのサビのメロディーに一気に惹きこまれて好きになりました。

なんとなく元気がない時に聴くと、心が軽くなります。

夏の思い出

夏の思い出を聴くと、田舎の田んぼや池、緑の青々とした情景が脳裏に浮かんできます。

この曲が作られたのはなんと1949年(2021年現在では72年前)!

そんな古さを全く感じさせないくらい、夏の爽やかさが伝わってくる曲です。

 

夏の尾瀬に何度も行ってみたいって思ってたなぁ・・(今は行きたくないのか?)

 

翼をください

翼をくださいは、小学生の時に一番聞いていたんじゃないかっていうくらいめちゃくちゃ好きでした。

イントロから好きで、自分でオルガンで弾いていました。

 

"今 富とか 名誉ならば いらないけど 翼がほしい"

“子供のとき 夢見たこと 今も同じ夢に見ている”

ここの歌詞が、初めて聴いた時から一番胸にグッときて好きな部分です。

 

手紙~拝啓十五の君へ~

手紙~拝啓十五の君へ~は卒業ソングとしても有名な曲ですが、卒業して何十年経った今の年代(40代)でも、いろんな思いを込めて十五だった頃の自分に手紙を書きたいと思わせてくれる歌です。

全然リアルタイムで学生じゃなかったのに、学生時代に気持ちが戻る不思議な曲です。

 

あぁ~できることなら校舎の中で聴きたい・・・

 

君をのせて

いや、もうこれは合唱曲としてじゃないですね(笑)

ですが、Youtubeで合唱している動画を見たらあまりの壮大さに涙が出てきたので、今回選ばせていただきました。

 

どこで涙が出るかって、やはり

“父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし”

 

ここですね。

しかも、一回目より二回目に繰り返しで歌うときの方がより胸に入ってくるんです。

涙なしには聴けませんね・・

この曲を聴くと「親孝行しなくちゃ!」と思う自分がいます。

 

まとめ

今回は好きな合唱曲を10曲選んでみました!

誰にでも思い出の一曲ってありますよね。

この中で好きだった曲があれば嬉しいです!