アネロのように、コツコツと。

もう40代、まだ40代。これからもコツコツと、いろんな経験を重ねていく。そんな経験から感じたことを綴るブログです。

美容室で白髪染めをするまでの1か月半~2カ月の間にやってみた3つの白髪対策

 

こんにちは、ヨウです。

 

老化の中でも大きな悩みとして占めている白髪。

私は30代前半で生え始め、最初のうちは抜いてましたが、みるみるうちに手が付けられないほど増殖してしまいました。

あまりに多いため、ならば逆染めで白くしてしまえ!!と自棄になったことも。

※ちなみに行きつけの美容室のお兄さんにこの提案をしたところ、「黒染めより傷むんでやめた方がいいですよ」とやんわりたしなめられたため、断念。髪傷めてまではしたくない・・

 

というか、抜いてもそこから生えるのはまた白髪なので、生え始めのアホ毛も白くピョコンっと飛び出し、かえって目立ってしまいます。

 

そんな加齢現象のひとつ、白髪の悩みを少しでも解消できればと試したのが

  • 市販のカラー剤で染める
  • 一時的に白髪を隠してくれる“白髪隠し”を使う
  • カラートリートメントをする

この3つです。

実際にやってみた感想を書いていこうと思います。

 

 

市販のカラー剤で染める

これは、もともと美容院代節約のためにやっていました。

染めるのは自分でやって、カットだけしてもらい少しでも浮かそうという魂胆でしたが、今はやめています。

なぜやめたかというと、やっぱり美容院で染めるよりも髪の毛が傷むのか、日に日にゴワついてくるんですね。 

あとは、後頭部とか見えにくい部分がちゃんと染まってなくて、結局美容室できれいに染め直してもらうため、時間とお金がムダだったり。

自分では頑張って染めたつもりでも、見てもらうと染まってないっていわれちゃうんで、自分で染めるのはあきらめました。 

 

白髪隠しを使う 

 

次に行った白髪対策は白髪隠しです。

 

現在は、1か月半~2カ月のペースで美容室でカット&白髪染めをしているんですが、1年以上通っているそこの美容室で、毎回担当してくれているお兄さんに行くたびに言われることがあります。 それは、

「ヨウさんはホントに髪伸びるの早い」

毎回、感心されます。

 

1カ月でどれくらい伸びてるのか自分では測ったことないですが、確かに2週間過ぎたあたりから一気に毛量が増える感覚はあります。

ということは、そのあたりからもう白髪が見え始めてるってことですね。

 

白髪隠しは、この見え始めたころにやっていました。

 

私が使っていたのは、『ホーユー シエロ コーミングカバー』。

片手にすっぽりと収まり、ポーチにも入るので旅行に持っていくにもいいサイズです。

商品名どおりその日だけ白髪を隠し、シャンプーすると洗い流せるタイプなので、髪のダメージもなく見えやすい部分にササッとつけられる手軽さがいいですね。

 

ただ、毛量が多い人は使いにくいかも・・。

毛量が多い私は早々に断念しました(^^;

私の髪質は固め、太い、毛量が多い、と三拍子揃っており、歳とともにへたることもなく45歳の今も健康的です(美容師のお兄さん談)。

そんな元気な髪の毛たちをわさわさとかき分けて白髪隠しを塗るのは、思った以上に疲れました。

  

カラートリートメントをやってみる 

次に、現在も続けているカラートリートメントを試しました。

 

 

ヘアケアと白髪染めをまとめてできてしまうこの存在を、なんで今まで知らなかったんだろう?と悔やみました。

カラートリートメントを始めてからは、白髪に対するストレスもだいぶ減っています。

 

私が使っているのは、『テンスターカラートリートメント』。

トリートメントだからか、カラー剤特有のツンとしたにおいがないのがいいですね。

 

f:id:punk_tata88_04tantan:20190824172441j:plain

 

ただ、トリートメントとはいえカラーの成分が入ってるので、うっかりすると髪の毛以外の肌が染まっちゃうので(数日すると消える)気をつけないとですね。

 

ちなみにこちらを選んだ理由は

  • 天然の白髪染めと言われる『ヘナ』を使用しているため、髪を傷めにくい
  • 乾いた髪の毛にも使える

の2つです。

 

特に乾いた髪の毛にも使えるのは、トリートメントが顔に垂れてこないのと、染まりがいいのがポイントです。

また、トリートメントしてる間に家事をして、お風呂でササッと流すだけで済むので、お風呂に長時間入ってるのが苦手な私には大きなメリットです。


ボリューム&白髪の2つを一緒に抑えてくれるカラートリートメント、バンザイです!


ヘアカラーは欠かさない方が良い

 

行きつけの美容師のお兄さんいわく、「カラートリートメントでは染まりが弱いので、定期的にカラーはした方がいい」とのこと。

コンスタントにカラートリートメントをしても、若干色ムラが出るからあくまでも次に美容室に行くまでの手段までにとどめておいた方が良いそうです。

 

白髪染め代を浮かすための手段と考えていた私は、「結局そうなるんかい」という気持ちでいっぱいでしたが、プロが言うなら仕方ないですね。

でも、白髪が少しでも目立たなくなる手段が見つけられて嬉しい自分もいるので、よしとします。

 

さいごに

年齢的に「仕方ない」と諦めつつ、見えるとやっぱり気になってしまう白髪。

もっと年齢がいったら、白髪のままでもカッコいい髪型にするのが夢です。