えんどうまめblog

豌豆豆のツルのように、曲がりくねりな人生の記録を綴っていきます。

はじめましてのごあいさつ

 

 

❝このままだと、私は生ける屍になる❞

 

アラフォーからアラフィフへと突入した誕生日。

人生の折り返しまであと少しなのかと思ったと同時に、強烈に感じた恐怖。

特に深く考えず生きてきたことへの後悔と、今後の自分の未来予想図に危機感がどっと押し寄せた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

突然の出だしで失礼致します。 

 

はじめまして。ヨウといいます。

現在、派遣社員として事務のお仕事をしています。

 

ここでは私の自己紹介やブログを始めるきっかけ、これから発信していきたいことを書いていきます。

 

少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

 

  

自己紹介 

出身・居住地:宮城県仙台市

年齢:3月生まれの40代

性別:女性

家族:夫と二人暮らし

兄弟:3人姉妹の真ん中

好きな食べ物:ガーリックトマトパスタ・ペペロンチーノ・中華そば・チョコミント味のスイーツや菓子類

苦手な食べ物:生もの・激辛・貝類・モツ

好きな飲み物:コーヒー(ブラック)・ハーブティー・中国茶

苦手な飲み物:お酒全般

趣味:漫画を読む・イラストを描く・下町散策・カフェ巡り

好きな俳優:大泉洋・篠原涼子・綾瀬はるか

好きな芸人:サンドウィッチマン・東京03・ぺこぱ

好きな音楽:SEKAI NO OWARI・米津玄帥・RADWIMPS・安室奈美恵・globe・ゆず その他良いと思ったら聴くスタンス 

 

 

ブログを始めたきっかけ 

f:id:punk_tata88_04tantan:20190731230028j:plain

 

  • 雇われ人生から解放されたい
  • 文章化することで自分の考えを客観視してみたかった
  •  自分の話で誰かが楽しんでいるのを見るとこっちも嬉しくなったので、経験や考えを発信することで誰かの心を動かしてみたい

 

他にもいくつかきっかけはありますが、特にこの3つが大きいですね。

 

雇われ人生から解放されたい

「自分ってもしかして社会不適合者なんじゃ?」

と真剣に悩むくらい、ひとつの職場で長続きしない私。

 

ヤダなと思うとすぐ『辞める!!』

でも働かないと生活できないし・・・で、就職。

を繰り返しました。

 

これまでひとつの職場で一番長く続いて7年。

なので、10年以上とかひとつの職場で長続きする人は本当にスゴイなと思います。

 

そんなこんなで、かれこれ20数年雇われ人生で自分の力で稼ぐなんて考えたこともなかったですが、ブログの存在を知ってから「自分の力で稼げたらサイコーじゃん!」と勢いで始めました。

 

とは言え、ブログの方向性もまだまだ模索中なので、コツコツと記事を増やしながら好きで続けられそうなジャンルを見つけていこうと思っています。

 

文章化することで自分のことを客観視してみたかった

冒頭で【特に深く考えず生きてきた】と書きましたが、これについて後悔の念は日々のしかかっています。

 

もともと

・長期的に考えることが苦手

・将来の為の努力より目の前の欲が優先

で、20代の頃から自分の性格は刹那的だな分析していました。

 

若いうちは根拠のない自信と勢いでなんとかなると思っていましたが、40代も後半に差しかかった今、そのツケが来てるな、と感じています。

 

「なんであの時、今のように考えられなかったんだろうな・・」

 

と、後悔の念は日々のしかかるけど、そんなこと言っても過去は変えられない。

それなら、これからの自分を変えていく努力をするしか未来の自分を救う道はないなと強く思うようになりました。

 

じゃあ、どうやって自分を救えばいいんだろう?

 

そう疑問に思うようになって見つけたひとつの解決法が『ブログを書く』です。

 

深く考えずに生きてきて後悔しているなら、これからは【自分がどんな考え方を持っているのか】を客観視できれば、自分を救う道筋が見えるんじゃないかと思ったのです。

それなら、『ブログ』というツールで自分が普段思っていることを見える化することが最適なんじゃないかと。

 

自分の話で誰かが楽しんでいるのを見るとこっちも嬉しくなったので、自分の経験や考えを発信することで誰かの心を動かしてみたい

私は人と話をするのが好きです。

 

たまに「ヨウの話し方が面白い!」と言っていただくこともあり、私も自分の話で誰かが楽しんでいるのを見ると嬉しくなります。

なので、ブログで自分の経験談や考えを発信することで、誰かの心を動かすのってなんかいいんじゃない?と考えるようになりました。

 

言葉で話していることを文章化するのは簡単じゃないかもしれません。

でも、面白そうですよね。

 

どんなことをブログで発信していくか 

今の自分が思う、過去の自分のことを中心に記事を書いていこうと思っています。

失敗したこととか、失敗したこととか、失敗したこととか・・・

そしてたまに栄光談とか。

なので、自虐的な記事が多くなるかもしれません(笑)

 

でも、そこは変えられない過去なので「あ~ぁ、こいつバカだなぁ」とか、くすっと笑ってもらえるような、ちょっと面白味を加えて書いていこうと目論んでいます。

あ、当然話は盛りませんよ?

 

 

他には漫画やイラスト、旅のことなど、好きなことややってみたいことをいろいろ書いていきます。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

f:id:punk_tata88_04tantan:20190609155615j:plain

 

                                  By ヨウ

好きな合唱曲10選!

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

 

こんにちは!ヨウです

 

年齢を重ねるにつれ、無性に合唱曲を聴きたくなることが多くなりました。

中学や高校、社会人なってしばらくは合唱曲なんてダサいと思っていましたが、J-POPにはない爽やかさや心が洗われるような清々しさが、疲れた心に染み入るようで最近はよく聴いています。

 

そこで今回は、ヨウ的に特に好きな合唱曲を10曲選んでみました!

 

10曲に絞るの難しかった~(◎_◎;)

 

 

怪獣のバラード

怪獣のバラードは1972年に作られた曲です。

意外と古い曲だったことにびっくりです。

 

怪獣のバラードの中でヨウが特にグッとくるのは

 

~海が見たい 人を愛したい 怪獣にも心はあるのさ~

~自分の足跡に 両手を振りながら 東へ歩いたよ あさひるよるまでも~

 

の部分。

イントロのピアノが軽快で明るめの曲調ですが、その歌詞の内容は結構胸が締め付けられるような、ちょっと涙がじわっとくるものがあります。

 

怪獣のバラードはヨウが中学2年生の時に合唱コンクールで歌った曲で、とても思い出深くて一番好きな曲です。

 

今となっては一番好きですが、当時はこの曲を知らなくて

「え、なにこの曲?合唱曲って感じじゃなくない?」

と思ったことを覚えています。

 

銀色の道

銀色の道は、母がたまに口ずさんでいたのを自然と覚えたような気がします。

なんとなく渋い曲だなぁと思いつつも、独特のリズムが頭に残りいつからか私も口ずさむようになりました。

特に"ぎ~ん~い~ろ~の"のあとに一瞬ふっと音が消えて"は~るか~なみ~ち~"と入る部分と、2番から3番に入る時に半音上がるところが好きです♪

 

銀色の道は3分にも満たない短い曲ですが、独特のリズムと歌詞の力強さで一度聴くと忘れられない曲ですね~。

 

気球に乗ってどこまでも

気球に乗ってどこまでもは小学生の時にクラスで歌った曲だった気がします。

この曲のイントロがとにかく好きで、自分でオルガン(ピアノじゃない)で弾いてました。

歌っているだけで大空を駆け抜けていくような感覚になれる、開放感のある歌詞が大好きでした。

あと、一番の最後の「い~る~か~ランランラ ランランランラン ランランランラン♪」

を手拍子しながら歌うのが楽しかった♪

 

モルダウ

初めてモルダウを聴いた時は、「なんて大人っぽい曲なんだろう」と思いました。

その曲名のごとく流れるようなピアノで奏でる河の凪や波だった表現は、当時中学生だった私には衝撃でした。

この曲を弾ける同級生もスゴイですよね・・

 

旅立ちの日に

ヨウはこの曲が出来た1991年当時高校3年生でしたが、この曲自体も1991年の卒業シーズンに出来たものだったため、リアルタイムで知ることはできませんでした。

 

“旅立ちの日に”は、埼玉県のとある中学校の校長が当時荒れていた学校を明るくすることを目指すため、校長自身が作詞を、音楽の教諭が作曲したそうです。

プロではなく現職の先生方によって作られたことに驚きましたが、生徒のことを想いながら作っている姿を想像しながら聴くと、胸にこみあげるものがあります。

 

あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~

あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~は、正直知ったのはつい最近のため曲に対する思い出はないのですが、“愛と~涙~”からのサビのメロディーに一気に惹きこまれて好きになりました。

なんとなく元気がない時に聴くと、心が軽くなります。

夏の思い出

夏の思い出を聴くと、田舎の田んぼや池、緑の青々とした情景が脳裏に浮かんできます。

この曲が作られたのはなんと1949年(2021年現在では72年前)!

そんな古さを全く感じさせないくらい、夏の爽やかさが伝わってくる曲です。

 

夏の尾瀬に何度も行ってみたいって思ってたなぁ・・(今は行きたくないのか?)

 

翼をください

翼をくださいは、小学生の時に一番聞いていたんじゃないかっていうくらいめちゃくちゃ好きでした。

イントロから好きで、自分でオルガンで弾いていました。

 

"今 富とか 名誉ならば いらないけど 翼がほしい"

“子供のとき 夢見たこと 今も同じ夢に見ている”

ここの歌詞が、初めて聴いた時から一番胸にグッときて好きな部分です。

 

手紙~拝啓十五の君へ~

手紙~拝啓十五の君へ~は卒業ソングとしても有名な曲ですが、卒業して何十年経った今の年代(40代)でも、いろんな思いを込めて十五だった頃の自分に手紙を書きたいと思わせてくれる歌です。

全然リアルタイムで学生じゃなかったのに、学生時代に気持ちが戻る不思議な曲です。

 

あぁ~できることなら校舎の中で聴きたい・・・

 

君をのせて

いや、もうこれは合唱曲としてじゃないですね(笑)

ですが、Youtubeで合唱している動画を見たらあまりの壮大さに涙が出てきたので、今回選ばせていただきました。

 

どこで涙が出るかって、やはり

“父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし”

 

ここですね。

しかも、一回目より二回目に繰り返しで歌うときの方がより胸に入ってくるんです。

涙なしには聴けませんね・・

この曲を聴くと「親孝行しなくちゃ!」と思う自分がいます。

 

まとめ

今回は好きな合唱曲を10曲選んでみました!

誰にでも思い出の一曲ってありますよね。

この中で好きだった曲があれば嬉しいです!

まずは続けてみよう 続けるために意識する4つのこと

こんにちは、ヨウです。

 

今回は、なにをやっても続けられないと悩んでいる方に、続けるために意識する4つのことを書いてみました。

少しでも続けるコツとして参考になればと思います!

 

続ける=毎日行うことではない!“止めない”ことを意識する

やりたいことを叶えるために大事なこととして、『継続』という言葉がよく出てきますよね。

この継続って、ヨウはこれまで“毎日続けること”だと思っていました。

 

もし、毎日自分が「やりたい」と思いながら主体的にやっているのなら、それは継続していることになるかもしれません。

でも、「やらなければ」と思いながら思考停止状態でただこなすだけになっているなら、それは継続じゃなくて連続になっているだけな気がします。

 

ヨウは、やりたいことを継続するというのは、“毎日必ずやらなければいけない”ではなく、“休んでもいいから止めないこと”だと思っています。

 

諦めそうになったら“すぐ止める”ではなく 一旦立ち止まってみる

どんなにやりたいことでも、叶えるまでの間にくじけそうになることって誰にでもあると思います。

 

ヨウもこれまで、数え切れないほど

「あぁ、ちょっとできなそうだなぁ。」

と思うことがあると、すぐに諦めて止めてしまっていました。

 

そんな自分の性格を、今までは"諦めが良い"とポジティブ(?)に捉えてきましたが、一度は本気でやりたいと思ったことを、そんなに簡単に止めてしまって良いものか?と疑問を抱くことが多くなりました。

 

そこで意識するようにしたのが

「あ、今私諦めそうになってる」

と感じたら、一旦立ち止まってみること。

 

楽しかったはずのことが楽しく感じなくなったら、一旦立ち止まって離れてみる。

離れて少し考えてから

「止めてもいいや」と思えばそれて良いし、

「やっぱりやりたい」と思えばまた続けられます。

 

止めるにしろ続けるにしろ、一旦立ち止まってから決めた方が後悔は少ないことに気付きました。

 

できなかった事ではなくできた事の方に目を向ける

続けられない人の特徴として、できなかった方をクローズアップしてしまうクセがあります。

できなかったことを反省して努力するのは大切だと思いますが、それ以上にできたことに目を向ける方が大切だとヨウは感じています。

できなかった方にばかり目を向けていると、そのうち

「自分はなにもできない人間だ」

と自分で自分を無価値にしてしまい、続けることが怖くなってしまいます。

 

ヨウは自分に自信がなかったため、

「できて当たり前。できなかった方をもっとちゃんとしなくちゃ!」

と謎に自分に厳しくしていました。

その結果、仕事でも趣味でも完璧を目指してしまい、ある時突然息切れして止めてしまう、という負のループにハマってしまっていました。

 

本当は、ひとつできるようになっただけでも充分スゴイことなんです。

人の意見を聞くのはほどほどに あくまでも自分の気持ちが大事

ヨウの今後として、5年後にはブログの収益や自分の得意なことを活かした仕事で生活できていたいという夢があります。

会社に属さず、自分の力で稼いで食べていくことが今の目標です。

 

本気で叶えたいことですが、人に話せば反対意見も出てくると思います。

特に身内など近しい人間に反対されると結構キますが、ここで流されてせっかくの夢を諦めてしまうのは違うと思います。

 

自分が納得して諦めるなら良いですが、相手の意見に従って諦めるとなにかのきっかけで

「あの時ああ言われたから諦めたのに」

と、相手を恨んでしまう可能性があります。

相手に反対されたとはいえ、夢を諦める決断をしたのは自分自身なので、本来は相手を恨むのは筋違いなんですよね。

 

相手に反対されてもそれはそれとして受け入れつつ、あくまでも自分の気持ちを大事にすることで、夢をかなえるための行動を続けることができます。

 

まとめ

今回は、なにをやっても続けられないと悩んでいる方に向けて、続けるために意識する4つのことを書いてみました。

ヨウも、このことを意識することで続けることへのハードルがだいぶ低くなったような気がします。

少しでも続けるきっかけになれれば嬉しいです!

 

 

初心に帰るつもりで参加してみた「はてなブロガーに10の質問」

こんにちは、ヨウです。

 

まずは

はてなブログ10周年、おめでとうございます!!

 

さて今回、自分的にも振り返りとしていい機会だと思い、はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問に参加させていただこうと思います!

 

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

ブログ名の由来は、単純に自分の名前を入れようと思ったことです。

ブログの書き方のノウハウを読んでいると、ブログ名に自分の名前を入れるのを推奨しているものが多いのと、個人的にも『えんどうまめ』の語呂合わせが気に入ったのでこのブログ名になりました。

 

ハンドルネームの『ヨウ』は、大好きな俳優である大泉 洋さんと私の旦那さんの名前の『洋』からいただきました。

なので、ハンドルネームに自分の名前は入っておりません。

はてなブログを始めたきっかけは?

はてなブログを始めたきっかけは、ある有名ブロガーさんが「ブログでも稼げるよ!」と言っていたことと、そのブロガーさんのオススメするブログサービスがはてなブログだったことです。

ブログで稼げるなんておもしろそう!と思い、初めは無料ブログで書き始め、現在ははてなブログproで続けていますが、役に立つ記事の更新をあまりしていないため、現在は稼ぐなんて夢のまた夢状態(苦笑)。

ブログで稼ぐことの大変さを実感している日々です・・

でも、自分の頭の中の言葉を書き出す作業は楽しいので、これからもはてなブログで記事を書き続けていきます。

ちなみに2021年11月7日は自分のはてなブログpro更新日になっていて、はてなブログ10周年を迎える日と一緒だとわかりとても嬉しいです!

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

ヨウが自分で気に入っている記事はコチラです↓↓↓

 

www.punk-tata-8804tantan.com

他の記事も、下手なりに思い入れがあるので迷いましたが、今は亡き祖母について書き綴った上記の記事は一番読み返すことが多いので選びました。

生前は祖母にあまり優しくなれませんでしたが、年齢を重ねるごとに祖母が生きていた日々のことを思い出すことが度々出てきています。

特に、丁寧に生きていないなと感じる時によく思い出します。

祖母は着物を自分で仕立てたり、ちょっと穴が開いた服や小物も手縫いで直し再利用したりと物を大切に扱っていました。

また、朝は布団から出る前に手足のマッサージやストレッチ、洗面所で長めのうがいなど健康にはとても気を遣う人でした。

ヨウは手先が器用じゃないので裁縫はしませんが、ストレッチやうがいはするようになりましたね。

きっとこれから先も、祖母の生き方を真似することが増えてくる気がします。

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

自分が経験したことで、どうしても伝えたい!と強烈に感じたとき。

備忘録として書き留めておこうと思ったとき。

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

3記事。

保険のことやメンタルをテーマにした記事です。

保険は、現在40代後半の自分が今後あったほうが良い保険について、プロに相談したことを備忘録として残しておこうと思っています。

メンタルについては、あまりメンタルが強くない自分が楽しく生きるために意識すること・やめることをこれまでの経験をふまえて感じたことを書いていく予定。

自分の記事を読み返すことはある?

あります。

『自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?』

でも挙げた【ばあちゃんの話】は一番読み返すことが多いです。

他の記事では

 

www.punk-tata-8804tantan.com

 

www.punk-tata-8804tantan.com

も、たまに読みたくなりますね。

好きなはてなブロガーは?

購読リストに登録させていただいているアメリッシュガーデン改さん温泉好きのお湯さん、購読リストには登録していないですがEverything you’ve ever Dreamedさんです。

アメリッシュガーデン改さんは、とにかく文章がおもしろくて一度読むと最後まで読ませてしまう引力が凄まじい方だなと思いました。

温泉好きのお湯さんは、私も温泉が好きなので今後の温泉選びの参考にさせていただきたいと思いました。ブログの雰囲気もゆったりとした感じで癒されますね~。

Everything you’ve ever Dreamedさんは、私が言うのはとても恐れ多いのですが言葉のセンスが秀逸で、記事の内容が自虐的でも何気ない日常のことでも、思わず「ふっ」と笑ってしまうのです。

それでいて、説得力があります。

おもしろく書いてるのに説得力があるってスゴイですよね!

読者登録が1万1千人異常いる理由がわかります。

Everything you’ve ever Dreamedの運営者であるフミコフミオ氏のことを、勝手ながら文章の魔術師と呼ばせていただいております。

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

2021年11月7日以降もよろしくお願いいたします!

10年前は何してた?

10年前は、生まれてからずっと住んでいる宮城県は東日本大震災で大きな被害を受け、先が見えない状況でした。

そんな状況の中、私は被災地にボランティアに行くわけでもなく、ただただ仕事をしていました。

震災の経験から、もう少し地域や誰かのために動いてみたいと思う気持ちが芽生えたものの、ボランティアの経験がない自分が現地に行っても足引っ張っちゃうだけだよな・・とか悶々と考えるだけで行動しない自分でした。

この10年を一言でまとめると?

毎年、年始に「今年はこれをやるぞ!」と決めては具体的な行動を起こさず成長しないまま10年が過ぎた、という感じです。

これまでいかに丁寧に生きてこなかったかを痛感するほど、どんな10年だったかを語れないのが悲しいです。

この先の10年は、小さなことでも成長を感じられる生きかたをしていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【七ヶ浜】海の駅『七のや』で話題の映えるプリン 食べてみた感想

七ケ浜町にある海の駅、『七のや』でずっと気になっていたプリンがあります。

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503142811j:plain

左から

なみのおとぷりん

夕焼けぷりん

満月ぷりん

 

各 410円(税込)

 

3種類とも色がキレイで見ているだけでも楽しい♪

 

海の町、七ヶ浜のイメージをそのまま閉じ込めたような爽やかな見た目です。

3つとも上がゼリー、真ん中のクリーム色の部分がプリンという層になっています。

 

こちらのプリンは宮城県のいろいろなローカル番組で取り上げられていて、あのサンドウィッチマンのお二人も食べています!

 

見た目も可愛らしいこちらのプリンですが、どんな味かあまり想像がつかなかったので、食べてみた感想を書いていこうと思います。

 

『なみのおとぷりん』

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503111702j:plain
涼しげなブルーのゼリーは海をイメージ。

 

ふたを開けると、表面は泡でおおわれていました。

海を感じさせる爽やかな香りがします♪

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503143153j:plain

波の泡をイメージして作ったというこの泡を口に入れると、中でプチプチッとはじけて不思議な食感(炭酸ではないです)。

 

ちなみに、ゼリーを青く色づけているのはバタフライピーというハーブです。

ハーブというと独特の青臭さや香りを想像してしまいますが、そういうのはなくさっぱりとしていて食べやすいです。

 

ここで、なみのおとぷりんにだけ一緒についている『オレンジハニー』をゼリーにかけてみました。

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503220958j:plain

 

オレンジハニーをかけると、化学反応で色がブルーからピンクっぽい色に変わるかもしれないと言われたので、わくわくしながらかけてみました!

 

・・のですが。

オレンジハニーをかけた画像がなくて申し訳ないのですが、色の変化が私にはちょっとわかりづらかった・・

 

でも、ゼリー自体にはちみつの甘さが加わってより美味しくなりました!

 

そして、プリンは濃厚ですごくとろとろとなめらかで、まるで飲み物のよう。

ゼリーと混ぜて食べると、濃厚なプリンにさっぱりとしたゼリーの味が良いバランスでした♪

 

 

『夕焼けぷりん』

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503150158j:plain

 

オレンジ色がキレイなゼリーです。

 

色はオレンジ色のゼリーですが、味はパッションフルーツです。

ふたを開けた瞬間、パッションフルーツのいい香りがふわっと・・

 

見た目は夕焼けだけど、南国のビーチを思わせる香りで気分は一気に夏になりました。

とってもいい香りです!

 

夕焼けぷりんは「パッションフルーツ味のゼリー」「オレンジ風味プリン」「オレンジコンフィチュール」の3層になっています。

コンフィチュールというのは果実を砂糖で煮詰めたもので、ジャムと似てるかな?

ゼリーからコンフィチュールまで全部を混ぜて食べると、オレンジ風味が濃いので柑橘系が好きな方にはたまりませんね!

 

個人的には、ビタミンカラーがキレイなこの『夕焼けぷりん』が一番好きです。

 

 

『満月ぷりん』

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503155547j:plain

 

『満月ぷりん』は『なみのおとぷりん』よりもゼリーの青が濃いのですが、これは夜の海をイメージしているからのようです。

青い色はバタフライピーで色をつけています。

 

満月ぷりんの大きな特徴は、中に入っているオレンジ色の丸いもの。

f:id:punk_tata88_04tantan:20210503155740j:plain

 『満月ぷりん』の名前にある満月をイメージしているこちらは、バニラキャラメルに漬け込んだ卵黄ゼリーだそうです。

 

バニラキャラメルに漬け込んだ卵黄ゼリーってどういうの??

 

と、味も食感も全く想像できず、超ドキドキしながらふたをオープン。

こちらも爽やかな香りがします♪

 

待ち切れずさっそく卵黄ゼリーへ・・

f:id:punk_tata88_04tantan:20210504220518j:plain

 

あ、思っていたよりしっかりとゼリーですね。

正直、卵黄=とろっとしたイメージでいたので想像より硬い感触が意外でした。

 

味はほんのり甘く、思っていたよりバニラやキャラメル風味は強くありませんでした。

 

先に卵黄ゼリーは食べ終わってしまったので、あとはゼリーとプリンをまぜまぜ・・

ゼリーの色が濃いからか、味がなみのおとぷりんよりも濃く感じ、濃厚な練乳ミルクプリンととてもバランスが良いと思いました!

 


ゼリーとプリンの組み合わせが新しい『なみのおとぷりん』、見た目もきれいなので手土産にもってこいですね!

 

18歳だったあの頃

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

こんにちは。

 

う~~ん・・

大人になったな、と感じた記憶がない、正直。

 

ひと回り以上年下の年齢の子たちがワーキャー言ってる様子を無条件に“かわいいなぁ”と思ったり(ちなみに私は40代後半)、ふと、親が”小さくなったな”と思ったときに『あ、自分年取ったな』とはよく思うけど。

 

お酒も飲めないし、バクライとか珍味も食べられない。

なんなら、旅館で出る夕飯のお膳はお子様と同じメニューで出してほしいと本気で思うくらい子供舌だし。

 

ショートケーキを筆頭に生クリーム系の洋菓子好きだったけど今は練り切りみたいな和菓子の方が好き、とか、つまんねぇと思っていた箱根駅伝に感動するようになったとか、なにが面白いのかまったくわからなかった笑点が面白いと思うようになったとか。

 

味覚がわずかに変わったり、前は気づかなかった魅力に気付いたりするようになったのも大人になったってことなのかなぁ?

 

あ、ひとつ思い出した。

 

高卒で就職した会社の入社式で着るスーツを、初めてレストランでアルバイトして稼いだ自分のお金で買ったときは大人になったな、と思ったかも。

 

大人になったというか、自分で働いて得たお金で自分のものを買う、という行為に感動したのは覚えてる。

 

稼いだ金額は2万5千円と決して大きくなかったけれど、2万5千円を稼ぐってこんなに大変なんだ!って初めて思ったから、そのお金で買ったスーツには特別な思い入れがあった。

 

自分のことを自分でしているなぁ、と18年生きてきて初めて覚えた感覚。

あれは“大人になった”感覚だったのか・・・

 

40年近く経っておぼろげにしか記憶にないけれど、良い経験だったことだけは確実に覚えてる。

 

自分のことは自分でする。

18歳だったあの頃が、自分の”大人になった瞬間”のピークだったかもしれない。

チョコミント味

今週のお題「好きなおやつ」


おやつは日々欠かせないものですが、そのときに食べたいものを食べるので『これが好き!』っていうのがないんですよね。

ただ、夏はなにかと『チョコミント味』のお菓子とかアイスを食べてました。

年々増え続けるチョコミントシリーズで、種類が増える分楽しみも増えますが、チョコミント味だからと言っても当たり外れはあり・・・


チョコミント味でほぼ外れないのはダントツでアイスですね!

チョコミント味のアイスでよく食べていたのは

・ぎっしり満足
・明治エッセルスーパーカップ

です。

特にスーパーカップは値段のわりに量にも味にも大満足なので、地元のスーパーでしょっちゅう買っていました。

そんな明治エッセルスーパーカップのチョコミントですが、今年は『白いチョコミント』っていうのが出ていたんです!

見た目はバニラアイスにチョコチップを散りばめたようた感じ。
でも実際に食べると、ミント特有のスーッとした爽やかな味なんです。

いつもは涼しげな水色のチョコミントなのに、今年はその白いチョコミントアイスばかり見かけ、食べていました。


夏場はチョコミント味が好き!と言い切れるけど、他の季節だと好きなおやつはこれって決められないなぁ・・

あ、でもチョコレート菓子より、ポテトチップスとかせんべいみたいな塩気のものとか、グミが最近は好きかも。

あと、ホイップクリームが多い洋菓子より和菓子が好きになってきてますね。

お彼岸でもお盆でもないけれどお墓参りに行く理由

 

お彼岸でもお盆でもない、9月終わりの週末に御先祖様のお墓参りに行ってきた。


f:id:punk_tata88_04tantan:20200927141429j:image

 

台風一過で爽やかに晴れるかな~と期待したけれど、あいにく小雨が降る肌寒い天気になり、ちょっと残念。

 

電車でお寺の最寄り駅まで行き、駅前のイオンでお供え花を購入。


f:id:punk_tata88_04tantan:20200927141602j:image

 

さて行くかとイオンの出口まで向かう途中、某アイス屋の看板に書いてある"チョコレートドリンク"が目に入ってしまい、冷えていた身体を一旦温めてからお墓参りに向かうことに。


f:id:punk_tata88_04tantan:20200927114110j:image

ホイップクリームで表面が覆われたチョコレートドリンク。美味しかった♪

 

今回、お彼岸でもお盆でもないのにお墓参りに行くことになった理由は、 前の日に行った美容室で美容師さんに言われたから。

 

視えるまではいかないけど霊的なものを感じるその美容師さんは、手相も若干見れるらしく、私も興味半分で視てもらった。

f:id:punk_tata88_04tantan:20200927173700j:image

前もって言っておくと、この美容師さんは別に怪しい人ではない。

その美容室に通い続けてもう4年くらい経つけれど、変なものを勧めるようなところではないので、今回の手相も軽い気持ちで視てもらった。

 

その時に「ご先祖様にお参りしてください」と言われたのだ。

 

それはそれで、お盆にお参りはしたけれどお彼岸には行ってなかったしな・・と思ったので素直に行くことにした。

 

でも、なんで手相を視てご先祖様にお参りってことに??

と疑問をぶつけたら、

 

「右手(持って生まれた手相)には守護霊線がないけど、左手(現在の自分がわかる手相)にはうす~くあるんですよね。ヨウさん、なんかやりたいことあるでしょ?で、守護霊であるご先祖様は、ヨウさんがやりたいと思っていることを応援したいんだけれど、ヨウさん自身がやりたいことに対してブレーキをかけちゃってるみたいで、ご先祖様もどうしていいかわからなくて強く出てこられないでいるみたいですよ。だから、一度お墓参りに行ってください」

 

と言われた。

 

確かに、やりたいことはある。

そんで、自分自身にブレーキをかけているというのもずいぶん前に占いで言われたことを思い出した。

昔は言われただけで自覚はなかったけれど、今は自分でもどうしてやってみたいことに対してブレーキをかけてしまうんだろう?とつくづく自問自答していた。

 

お金がない

とか

時間がない

っていう現実的なところじゃなくて、

 

自分が好きなことに時間を使うのはムダなことなんじゃないか

とか

自分がこんな楽しいと思うことをしていいのか、とか

 

変に自分にキビシイ面があった。

 

私は絵を描くことが好きだったのだが、20代半ばくらいで

「こんなことやってないで、もうちょっと大人になろう」

と、別に止めたくないのにイミのわからない理由で絵を描くことを止めた。

 

今考えると本当にイミが分からないし、絵を描くのを止めたことをずっと後悔していた。

 

そして今、もう一度絵を描きたいと思い始め、今度はデジタルで絵を描こうとパソコンを購入した。


f:id:punk_tata88_04tantan:20200928105015j:image


f:id:punk_tata88_04tantan:20200928105026j:image

HP Pavilion Gaming Laptop 15-dk1003TX 15.6インチ

 

結構奮発したし、美容師さんいわくご先祖様が私のやりたいことを応援しているみたいなので、今度はブレーキをかけずにやりたいことをとことんやっていこうと思う。